台湾民政府について

主張及び立場

台湾民政府の主張

  1. 国際法理に基づき、台湾の国際地位を正常化させます。
    日本天皇は台湾の所有権を保有しており、米国大統領は台湾の占領権を掌握しています
    .
    美米国大統領は万国公法に従い、台湾の地位正常化を実現させる責任が有ります
  2. 万国公法、戦時国際法、サンフランシスコ平和条約を含め、国際法を遵守します。

台湾民政府の立場

  1. 暴力又は武力を使用せず、各種の方法を駆使して亡命中華民国の台湾における占領を終了させます。
  2. 中国植民政権(亡命した中華民国政府)の推進する事務に対しては、積極的にも消極的にも協力しません。

837